お葬式でご遺族になんて言葉をかければいいのか・・・お悔やみの言葉を説明します。

お通夜でご遺族にかける言葉

この葬儀マナーサイトではあなたの同期社員:「麻奈西都(まなさいと)」さんのお父さんが病死したと仮定して、進めていきましょう。

 

お通夜に参列して同期の麻奈さんに会ったときに、どう挨拶していいか迷うときがあると思います。

 

「このたびは本当に突然で…」
「このたびはご愁傷様でございます」と、

声のトーンを少し落とし気味にして言うのがマナーです。きちんと、文章として最後まで言わなくてもいいものとされています。

 

気を付けなければいけないのは、忌み言葉

 

不幸は重なって欲しくないものなので、重ね言葉は避けるのがマナーです。

 

「くれぐれもお力落としのないよう」や
「重ね重ねご愁傷様です」などは、つい口から出そうになる言葉なので気をつけましょう。

 

また、死因についてあれこれ尋ねたり、今後の生活について根掘り葉掘り質問するのも、お通夜の場ではふさわしくありません。
ご遺族の方から話題にしない限り、お通夜では聞かずにそっとしておきましょう。

スポンサーリンク