お通夜告別式に参列することに…黒い服なら大丈夫?

喪服マナーのタブー

お葬式(お通夜・告別式)の服装は喪服が基本です。喪服は黒なら何でもいいというわけではありません。
喪服マナーのタブーをまとめてみました。

 

<靴>
エナメルや光る素材の靴はタブー。

ミュール、ブーツ、スニーカー、サンダルは季節にかかわらず失礼です。

 

<靴下・ストッキング>
黒無地が正装。

ストッキングも黒無地で。デザインのあるオシャレなストッキングはふさわしくありません。

 

<ネクタイ>
黒無地。

ストライプやドット柄は黒であってもふさわしくありません。

 

<喪服>
ただ黒いスーツ、ではなくフォーマル用の黒上下を着ましょう。

女性はスカートが正装です。パンツスーツは避けたほうが無難でしょう。

 

<アクセサリー>
男性は結婚指輪のみ。

女性は結婚指輪と真珠のネックレスと真珠のイアリングのみ。

 

<バッグ・コートなど>
バッグもできればフォーマル用の黒いものがいいでしょう。

持っていない場合は、黒やグレーなど目立たないものか、黒っぽい紙袋を使うといいでしょう。毛皮やクロコダイルの型押しなど、動物ものはタブーです。「殺生」をイメージさせるからです。とはいえ、革靴などは黙認されているのが現状です。

 

 

これらはあくまで一般的なマナーです。
地域によっては、その地域独自のマナーがある場合がありますので、故人をお悔やみする地域のマナーにあわせましょう。

スポンサーリンク