教会でのお葬式は初めて、どうしたらいいの?

教会でのお通夜マナー

 仏式のお通夜がほとんどだと思いますが、キリスト教形式のお通夜のことも覚えておいたほうがいいでしょう。

 

仏式とキリスト教式の大きな違いは2つだけです。
ひとつは、お香典袋。

キリスト教式の場合、水引のない「お花代」を使います。

 

(例:楽天市場より)

 

こういうのし袋があれば完璧ですが、なかなか売っていません。もし見つからなければ、無地の白いのし袋の上半分に「お花代」「御花代」と手書きしてもいいでしょう。

 

「ご霊前」「ご仏前」は仏教用語ですから使いません。また無地であっても「蓮の花」が描かれているのは仏式用です。注意しましょう。

 

 

もうひとつの違いは、故人の弔い方です。

 

仏式ではお焼香ですが、キリスト教式では、献花方式です。

 

献花とは、故人にお花を手向けること。お花を手渡されますので、花が自分の方を向くようにして献花台に置き、手を合わせます。あなたがキリスト教信者でないなら、十字を切る必要はありません。

 

お花を自分の方に向けることに違和感や疑問をもたれる方が多いですが、
これは、亡くなられた方が、お花を手に取りやすいように、という配慮からです。亡くなられた方の方に自然に茎の部分が向きますので、手に取りやすいですよね。献花の花は亡くなられた方に見せるためではなく、亡くなられた方が、いっしょに持っていくためのものです。

 

喪服のマナーなどは基本的には仏式と同じです。

 

スポンサーリンク