お葬式に生花か花輪を贈りたい、でもどうすればいいの?そんなお悩みにお答えします

お葬式に贈るお花のマナー

 お葬式のお花ですが、斎場で行われる場合について書きます。

 

斎場でお通夜・お葬式が行われる場合、お花や花輪はお花屋さんではなく、斎場に直接電話やFAXで注文します。

 

祭壇にあわせてお花は決まっているため、お花の種類などを選ぶことは原則としてできません。お値段は1基、15,000円から20,000円程度です(首都圏)。

 

これも、斎場で均一価格になっているので小さめに、とか、豪華に、というわけにはいきません。

 

お花や花輪には、会社名+法人代表者名を木札で記してもらいます。「会社名+代表者名(社長とか上司)」が一般的です。

 

支払いは、斎場で現金払いか、請求書を送ってもらって振込が一般的です。お花は当然、斎場が手配しますので、祭壇に飾られます。祭壇でのお花の順番は、遺族が決めますので、指示する必要はありません。間違えて、ご遺族に負担させないように気をつけましょう。

スポンサーリンク