お通夜のマナーを説明。夏でも冬でもお通夜の基本マナーは変わりません。

お通夜が夏の場合の服装は?

お通夜の服装は、夏で暑かろうが、基本的には関係ありません。
最近は女性のブラックフォーマルで半そでのものが出ているので、どうしても長袖は暑いからイヤ!と言う方は、夏用のブラックフォーマルを用意しておくといいでしょう。

 

ストッキングは暑苦しくても、黒にするのがマナーです。素足は論外です。

 

 

男性の場合、斎場では上着をきちんと着ましょう。
斎場に着くまでは、ノーネクタイで上着は着なくてもいいですが、お通夜の場では白いワイシャツに、黒ネクタイ、黒いスーツ(上下)が一般的なマナーです。

 

 

暑かろうが寒かろうが関係ありません。

 

斎場で執り行われる場合は、空調が利いていますので、だらだら汗をかくことはないと思います。

 

 

マナーの基本は、自分が快適なことではなく、相手(故人・遺族)が不快に思わないこと。
夏だからといって、決してサンダルは履かないよう気をつけてくださいね。

スポンサーリンク