お香典の包み方にもマナーがあります。恥ずかしくないようにきちんと包みましょう。

香典の金額と包み方

お香典にもマナーがあります。

 

金額については、故人との間柄や親族、友人などで相談して決めたり、地方によっても異なります。

 

この葬儀マナーサイトではあなたの同期社員:「麻奈西都(まなさいと)」さんのお父さんが病死したと仮定して、進めていきましょう。
今回の会社の同期のお父様が亡くなられた場合ですが、首都圏では3,000円か5,000円が一般的です。同期同士で金額が異ならないように相談することをオススメします。

 

お札は新札ではなく、ふだん使っている紙幣を入れます。新札ですと、「不幸を用意しているなんて縁起でもない」と思われます。

 

3,000円なら千円札の向きは、当然そろえてください。そろえ方は後述します。5,000円なら五千円札に両替しましょう。千円札5枚というのは常識を疑われますよ。

 

 

香典の包み方ですが、仏式の場合は「ご霊前袋」に、それ以外は「お花代」と書いてある袋を使えば失敗することはありません。

 

香典袋の表に書く名前は、普通の筆ペンではなく、薄墨の筆ペンを使いましょう。

 

また、お札は普段使っている紙幣を逆さ向きにして入れます。中袋から取り出すときに、お札が表側で人物の顔が奥に入るように入れます。香典袋の後ろの折り方は、上の折りが下の折りにかぶさるようにします。これは、不幸が下がりますように=終わりますように、との意味合いからです。

 

 

2、4、9の数字は避けます。
連名であわせたら、「2万円」になってしまった場合は、1万円札1枚と5千円札2枚の合計3枚の紙幣にするのがマナーです。連名の場合は、有志一同として別紙に名前を書いておくと、遺族がその後のお礼をするときに助かります。

 

香典袋の内袋には、郵便番号、住所、氏名、電話番号と金額を書きます。後々、ご遺族が整理するときに助かります。できれば、故人との間柄も書き添えると親切です。
(例:△△会社同期など)

住所は会社ではなく、自宅の住所を書いたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク