お香典を入れる袋は「ご霊前」「ご仏前」どちら?

ご霊前とご仏前の違い

お通夜に持っていくお香典はご霊前袋とご仏前袋、どちらを使えばいいのでしょうか?

 

答えは、「ご霊前袋」です。

 

 

 

 

「ご霊前袋」と「ご仏前袋」は使い方が違います。お通夜や告別式に持参するのが「ご霊前袋」です。お香典の金額が数千円の場合は水引が印刷された簡易な袋でいいでしょう。

 

 (例:楽天市場より)

 

↑水引が別になっているこういうタイプは最低1万円以上から。
袋にも、金額にあわせた使い方があります。

 

(例:楽天市場より)

 

こういった不祝儀用の袋の水引の上に「ご霊前」と手書きするのもいいでしょう。
ただし、蓮の花は、仏教でしか使いません。

故人やご遺族が仏教でない場合は使わないほうが無難です。
また、地域によっては「お通夜見舞い」という袋もあります。

ただし、仏教でも浄土真宗の場合は「ご霊前」は使いません。浄土真宗では49日を待たずに成仏するという考えから、お通夜でも「ご仏前」または「お香典」を使います。

 

 

「ご仏前袋」は、故人が仏様になってから供えるための袋です。

 

つまり、四十九日がすぎ納骨が終わってから使います。納骨に立ち会う場合は、「ご仏前袋」でOKです。その後、一周忌以降法事の場合はご仏前袋になります。

 

亡くなられた直後のご遺族は神経が過敏になっている場合も多々あります。悪気はなくても、お通夜に「ご仏前」が混じっていると「まだ家族は成仏していない!」と不快な思いをさせることになります。

 

たかがのし袋などと思わず、きちんと使い分けましょう。

 

※宗派や地方によって冠婚葬祭の習慣は異なることがあります。
斎場やお通夜を執り行う葬儀社に問い合わせてみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク