お通夜やお葬式に参列する場合、ストッキングは黒ならなんでもいいの?

お通夜のストッキング

 お通夜に身に着けるストッキングは、季節にかかわらず黒が正式です。

もちろん、黒の無地です。黒だからといって、デザインが施されているものやラメが入っているものは常識を疑われます。ひざ上までの丈などではなく、きちんとパンティストッキングを履きましょう。

 

夏は暑くてストッキングを履きたくない気持ちはわかりますが、ここは、故人・遺族のためにガマンしましょう。

 

また、冬はストッキングでは寒く、タイツを履きたくなる気持ちもわかりますが、やはり、黒のストッキングが正装です。

 

万が一のために、ロッカーに黒いストッキングを1足、用意しておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク